村(賃貸住宅)のご案内

本物の自然素材住宅に賃貸で住まう

安全で安心、快適な暮らしをかなえる人と地球に優しい賃貸住宅。
自然素材賃貸住宅は、自然素材生活を目指す方々のため、価値観を共有しながら住まう『街の中の小さな村』です。
480坪の敷地に、9戸で構成された木造軸組工法の『大針ビレッジ』。
コンクリート躯体と自然素材インフィルを融合させた自然素材集合住宅『豊田元町ビレッジ』。
それぞれ個性的な自然素材賃貸住宅を提供しています。

名古屋市名東区の高級住宅地。落ち着きと品格ある町並みの中480坪の敷地に、木造軸組工法による戸建て住宅5棟(9戸)で構成された『大針ビレッジ』。価値観を共有する住民同士の緩やかなコミュニティーが実現しています。
豊田市西部の国道153号線沿い。利便性と自然環境を兼ね備えた好立地。鉄筋コンクリートの構造に、良質な自然素材を用いた内装。全15戸の自然素材アパートメント『豊田元町ビレッジ』です。

ohbari_ban.jpg toyota_ban.jpg
toi.jpg
賃貸住宅については、自然素材生活館までお気軽にお問い合わせください。
〒470-0153 愛知郡東郷町大字和合字濁池新田8―3
電話:052-800-2311  FAX:052-800-2365

大針ビレッジの概要

本物の環境共生賃貸住宅

oh001.jpg

名古屋市名東区大針。
落ち着きと品格のある町並みに包まれたおよそ480坪の敷地に、5棟(9戸)で構成された環境共生賃貸住宅
『大針ビレッジ』
は、同じ価値観を共有しながら住まう『街の中の小さな村』です。

 

 

●コミュニティで共有するスローライフobari_heimen.gif
衣食住全般にわたって環境意識を持っている方が、自然素材生活をおくろうとしても、戸建住宅では、周囲の環境により、その良さや機能・効果が十分に発揮できないこともあります。
庭・花壇・家庭菜園など住宅の外部も自然素材に囲まれ、想いを共にできる人達が集まったゆるやかなコミュニティ。お互いの暮らし方を尊重しつつも、時に和気あいあいと村人たちが集い語らうことができる環境。集合住宅により提供できる環境共生住宅・自然素材生活を大針ビレッジで実現しました。
●6m公道に面した南側には3棟の一戸建て住宅が並びます。中庭を挟んで奥には、雁行した4戸の住宅が美しく広がります。その左手には、RC・木造混構造の1棟2戸の住宅が配置されます。
●いずれも自然素材を多用した本格木造軸組構造によるコンパクトハウスで構成されています。構造、間取り、そして素材についても、これまでに実際に作られ、住まわれて、その快適さが確認されたもののみ採用されています。
■物件概要

名 称 自然素材賃貸住宅 大針ビレッジ
所在地 〒465-0064 名古屋市名東区大針2丁目176-1ほか
交 通 市バス「大針」下車後、徒歩にて約6分
入居保証金 5ヶ月
礼金 なし
償却 3ヶ月(契約終了後に入居保証金から償却)
駐車場 全15台分
水道 名古屋市営上下水道
ガス 東邦ガス
電気 中部電力
セキュリティ 総合警備保障ホームセキュリティ
CATV スターキャットケーブルテレビネットワーク(インターネット対応)
設 備 システムキッチン・ダイニングテーブル・堀ごたつ・食器棚・本棚・小上がり下収納ボックス・エアコン・浄水器・部分床暖房など
特記事項 家財保険加入要
問い合わせ先 株式会社自然素材生活 〒470-0153 愛知県愛知郡東郷町大字和合字濁池新田8-3
TEL.052-800-2311 FAX.052-800-2365
受付時間 10:00-17:00(月・火曜定休)

大針ビレッジの魅力

大針ビレッジの魅力

miryoku.jpg

くつろげる住まい、環境共生を実現したスローライフ、自然素材生活を提供します。

 

 

■本物の自然素材住宅
国産のスギ、ヒノキをはじめ、自然素材を多用した本物の自然素材住宅です。その質感と風合いはすでに『自然素材生活館』で実証済みです。木と土に包まれたくつろぎと安らぎを手に入れてください。
ohbari_yane.jpg
■美しい家並みと優しい暮らし
アンチックブルーの板壁と漆喰の外壁、深みのあるパールホワイト和瓦が、美しい家並みを作り出しています。パールホワイト和瓦は、厳しい夏の日差しの下でも、小屋裏温度を驚くほど抑えてくれます。省エネに対応するやさしい暮らしのシンボルです。
■ゆるやかなコミュニティ
お互いの暮らし方を尊重しつつも、時に和気あいあいと村人たちが集い、語らいながら作り上げていく緩やかなコミュニティ。そのための中庭や多目的広場、花壇スペースを備えました。

ohbari_nakaniwa.jpg

■会話のはずむ間取りの工夫
対面キッチンと、カウンターを挟んで配置された小上がりの和室に掘りごたつを備えました(A、B、C、E2、E3棟)。個室化を避けたオープンな間取りで、家族の気配を感じながら暮らすことが出来ます。
■充実した家具収納
ダイニングテーブルや本棚など、スギ・ヒノキの自然素材住宅にふさわしい家具や収納ユニットをあらかじめ設置。入居にあたって購入しなくてはならない家具などが少なくてすみます。36センチの小上がりの下には大型収納ボックス。たっぷりとした収納を確保しています。
ohbari_syunou.jpg
■体に優しい水
全戸に高性能浄水器を装備しました。飲み水はもちろん、風呂水に至るまで浄水器でろ過された身体にやさしい水を供給します。<
■安全・安心な暮らし
全戸にホームセキュリティを完備。万一に備えて、警備専門会社による24時間体制の安心をお届けします。隣人を気づかう村の暮らしも大きな安心です。
■情報インフラも整備
村全体にケーブルテレビを導入(入居者の任意契約)。高速インターネット接続も可能です。
ohbari_maki.jpg
■薪ストーブのあるリビング
リビングには薪ストーブが置かれ(A、D1、D2、E1、E4棟) 、冬には村全体に薪のやさしい香りが漂います。柔らかな輻射熱の暖かさ、炎の揺らめき、薪のはぜる音、豊かな薪ストーブの世界をお楽しみください。
■雨水利用
村の中央に大型雨水槽を設けました。庭木の散水に使うほか、夏の夕暮れ時には打ち水をして、自然の冷気を楽しみます。
■専用空間と共用空間
全戸に駐車場(1台分)とトランクルーム(3帖大)を完備。さらに2台目駐車場の要望にも応えます(駐車場計15台分)。
集会室のほかに、共用の畑や花壇、バーベキューコーナーが村の魅力を増します。
ohbari_mochi2.jpg
okosimono.jpg
■子育て長屋
かつて長屋で暮らしていた人々は、隣近所で困ったことがあれば「お互いさま」で助け合い、子供達はみんなで育てていました。
核家族で育った私たちには、なかなかイメージしにくいのですが、そんな現代版「向こう三軒両隣」のような環境がここにはあります。価値観を共有する住民同士の緩やかなコミュニティを実現しました。

大針ビレッジのモジュール

mojyule.jpg

関東間と比べ1.17倍広くなるモジュールを採用しました。

一般的に関東間といわれる家では、910ミリメートル(半間)をひとつの単位(モジュール)として、寸法を決めています。これを910モジュールと呼びます。畳一帖分の広さは0.91×1.82=1.6562?

日本人の体格の向上に伴い、私達は985ミリメートルモジュールを勧めたいと考えています。この場合、畳一帖分の広さは0.985×1.97=1.94平米同じ一帖でも関東間と比べ1.17倍の広さとなります。
つまり910モジュールによる四畳半と985モジュールによる四畳半とでは実際の部屋の広さが異なるのです。

大針ビレッジはすべて985モジュールを採用しております。
大針ビレッジの間取り図の表記は、4.5帖(5.26帖相当)となっていますが、これは985モジュールでの表記ですので、実際は括弧内の数値が一般的に使われている戸建住宅での広さとお考えください。

また部屋の広さだけでなく、廊下の幅、出入り口の幅などについても、すべて985モジュールを採用しており、「程の良い空間」を提供しています。

大針ビレッジギャラリー

パティオobari_01.jpg

■大針ビレッジにお住まいの皆様に共同でご利用いただけるパティオ。住民同士のコミュニケーションの輪が広がります。水場では、雨水利用をしており子供たちが存分に水と戯れることもできます。

 

 

obari_02.jpg
傾斜を利用した連棟
■手前デッキの奥に見えるのが、メゾネットタイプの4戸を連ねた連棟。1戸ごと水平方向と垂直方向にずらして設計しています。そうすることで、連棟でありながら1戸建と変わらないアメニティを実現しています。

 

 

専用ガーデンobari_0304.jpg

■連棟の専用ガーデンを下(左写真)から、上(右写真)から見た風景です。傾斜を巧みに利用することで、お隣同士の適度なコミュニケーションと同時にプライバシーにも配慮した専用ガーデンが実現しました。

 

 

obari0506.jpg

環境共生住宅にようこそ!どうぞお入りください

■ドアを開けた瞬間から、香しい木の香りが来訪者を包みます。玄関の上がりかまちも低く、出入りに負担がかかりません。

 

 

obari_10.jpg

 

1Fのヒューマンサイズリビング

■広すぎず、狭すぎず『適度なヒューマンサイズ』が自然素材生活の考えです。現在は、部屋の真ん中に薪ストーブが据付られています、2Fに吹き抜けているので家全体が温まります。小上がりの畳スペースで、ゆったりとくつろぐことができます。

obari_08.jpg
キッチンも可能な限り自然素材
■シンクとコンロ、コンロ周りの壁、換気扇以外は、すべて木造のキッチンです。

 

 

 

2F南側の部屋
obari_09.jpg■家族のコミュニケーションも大切にするのが自然素材生活流。子供たちものびのびと成長することでしょう。

 

 

 

 

大針ビレッジへの道

名古屋市東部の丘陵地

oohari3.jpg

名古屋市内で、文教地区として特に子育て世代に人気が高いエリア名東区。
大針ビレッジ周辺には徒歩圏内に幼稚園と保育園があり、小さなお子様がいる家庭の子育て環境にも適しています。

 

 

 

■アクセス
・地下鉄鶴舞線「平針」で下車、市バス幹本郷1「本郷(極楽経由)行」を利用。
・地下鉄東山線「星ケ丘」で下車、市バス幹星丘1「星ケ丘(左回り) 行」「星ケ丘(右回り) 行」を利用。
・地下鉄東山線「本郷」で下車、市バス幹本郷1「地下鉄平針(梅森荘経由)行」を利用。
・地下鉄東山線「本郷」で下車、市バス幹本郷1「猪高緑地行」を利用。
:バス停「大針」で下車後、徒歩にて約6分です。バス停「極楽東」で下車後、徒歩にて約8分です。

豊田元町ビレッジの概要

gaiyou_01.jpg自然素材空間に賃貸で住まう選択。
自然素材生活という生き方をめざす、あなたのための自然素材賃貸アパートメントです。

「ゆとりある住まい」を実現した住宅に贈られる「すまいる愛知住宅賞」(第20回)において
★都市再生機構中部支社賞』
★愛知県森林協会長賞』
2の賞を同時に受賞しました!
■新聞記事はこちらをご覧ください

 

抜けるような青空のもと、風が通り抜ける丘の上…。
瑞々しい竹林と、陽光まぶしい池を見おろすように佇む『豊田元町ビレッジ』。
良好な自然景観と、抜群のアクセスを両立するロケーション。
無垢の木や珪藻土などの自然素材で造られたインテリア、開放感溢れる眺望。
自然素材に囲まれた、自分らしいシンプルな暮らし。
健康で安全な暮らしが賃貸で実現できるのです。

■物件概要

名 称 自然素材賃貸アパートメント 豊田元町ビレッジ
所在地 愛知県豊田市本新町7丁目46番4
交 通 名鉄バス「本新町」停より徒歩5分
地域・地区 市街化調整区域、砂防指定地
建ぺい率 57.89%
容積率 106.18%
敷地面積 999.51平方メートル(隣接用地別途1033.68平方メートル所有)
建築面積 578.62平方メートル
容積対象床面積 1061.21平方メートル
延べ面積 1375.08平方メートル
構造・規模 鉄筋コンクリート造3階建て
用 途 共同住宅15戸
建築確認番号 第H18確認建築豊田市002763号(平成19年5月28日)
駐車場 23台
竣工 平成20年3月
建築主 株式会社自然素材生活
設計・監理 株式会社連空間都市設計事務所
施 工 株式会社加納工務店、岡崎製材所
問い合わせ先 株式会社自然素材生活 〒470-0153 愛知県愛知郡東郷町大字和合字濁池新田8-3
TEL.052-800-2311 FAX.052-800-2365
受付時間 10:00-17:00(月・火曜定休)

豊田元町ビレッジの特長

616坪、ゆとりの敷地tokucho_1.jpg

豊田元町ビレッジはおよそ616坪(隣接用地含む)の光と風を集めるために選ばれたかのような敷地のなか、周辺の環境にマッチしてたたずんでいます。
建物の南側は、遠く視界が広がり、雑木林の斜面に続く広大な池、対岸の街並みを一望することがでます。開放的でゆとりある空間は住まう人々を心地よく館内へ誘います。
各戸のバルコニーは、遮るもののない開放感に溢れたプライベート空間。暮らしにかけがえのない『ゆとりとやすらぎ』をお届けします。

tokucho_3.jpg←池の南側から望む、木立に囲まれた豊田元町ビレッジ

 

 

 

 

 

自然素材に囲まれたスローライフを実現
concept_2.jpg豊田元町ビレッジの構造は、堅牢で安全性の高い鉄筋コンクリート。
外観はその自然な風合いを活かした打ち放し仕上げ。随所に国産の木材を使用した造作により周辺環境との調和を図ります。
そのナチュラルで現代的な風情は、やがてランドマークとして地域で親しまれていくことでしょう。
tokucho_4.jpg

 

 

 

 

内装は集成材を排し、無垢の木(国産木材)や珪藻土、和紙など自然素材を多用した空間です。自然素材に囲まれたインテリアは、そこに身を置きさえすれば、実感できる「くつろぎ」を与えてくれます。化学物質を浮遊させる人工素材を極力排除することによって「健康で安心な暮らし」をもたらしてくれるのです。

『長屋』コミュニティgaikan_1.jpg

豊田元町ビレッジでは、そこに暮らす人々とその豊かな暮らしを分かち合うことが出来ます。南側に広がる敷地には、もみじや桜の自然木。共有スペースでは、ガーデニングも楽しめます。思いを共にできる人達が集まったゆるやかなコミュニティ。お互いの暮らし方を尊重しつつも、時に和気あいあいと集い語らうことができる環境。そこには、かつて日本のどこにでもあった、素朴で人間らしい味わいのある『長屋』の風情があります。

 

豊田元町ビレッジの提案

シンプルライフのすすめ

豊田元町ビレッジでは、できる限り壁を覆う家具を置かず、壁から壁までのすべての空間を有効に使い切るというシンプルな暮らし方を提案しています。
家具を並べてしまい窮屈に暮らすよりも、家具などの出っ張りのないすっきりとしたシンプルな部屋が心地よく、見た目にも美しい。本当に必要なモノだけを厳選した暮らし。その時々の用途に合わせ自由に利用でき、掃除もしやすく清潔な室内環境を保つことができるからです。

teian_1.jpg

床座生活のすすめ

無塗装スギ無垢板フローリングの床や畳の上に直接座り、ねころぶ。また、寝具を敷いて休む。限られた空間を広々と使って生活する、それが床座生活です。

teian_2.jpg

 

 

 

床座生活のメリットは3つ。

1. 部屋を広く、かつ汎用的に使うことができます。

テーブル、ソファー、ベッドなどの家具を入れると、どうしても狭くなり、食堂・寝室など使用目的も限定的になります。必要な時、必要な場所に、必要な家具や寝具を利用することを提案します。

2. 床や畳などの自然素材に直接肌を触れることの快適さ。

比較的柔らかな木を使った床ですから、素足で触れると実に心地よい感触が足裏に伝わります。また、季節によってはその上に寝転んでも快適です。

3. 低く暮らすことによって、人と人との間に親密度が増す。

板の間や畳の上に、ちゃぶ台を置きそこで食事をすると、いっそう親密感が湧くように感じます。食事が終わって、ちゃぶ台をたたんで片付けてしまえば、子供たちも広々と遊べます。

デッキ生活のすすめ

teian_5.jpg

ウッドデッキは「屋外の居室」です。素足で居間から段差なしで出られ、ベンチでくつろぐ。デッキに直に座っても快適。春夏秋冬の風景を愛でながら、もうひとつの居間として生活の変化を楽しめます。豊田元町ビレッジでは、くん煙スギ無垢板を使用した、奥行2400mm/幅3600mm(サイズは203号室)の大きなウッドデッキを備えています。
また、ウッドデッキ脇のスペース、奥行2400mm/幅1800mm(サイズは203号室)を利用して、プランターで花や野菜を育てれば、生活に豊かな潤いを演出することができるでしょう。106号室のデッキ→

090706_500_1.jpg

 

住民専用菜園

敷地東南部に約40坪の住民専用の畑を用意しました。
雨水槽の水を使い無農薬で安全安心な野菜・果物を栽培、収穫しています。

 

豊田元町ビレッジのこだわり

快適性と機能性の追求kodarari_2.jpg

■30mm厚のスギ無垢板フローリング
30mm厚のしっかりとした、それでいてやさしい踏み心地。無垢板はそれ自体に空気を含んでいるのでほんのりとした木の温かみが足裏に伝わり、裸足で健康的に過ごすことができます。

 

 

■珪藻土塗り(壁・天井)kodarari_3.jpg

珪藻土は空気中の湿気が多いと吸い、乾燥すると吐き出す、自律的な吸放湿を行い、快適湿度を保ちます。結露を防ぐことにより、カビ・ダニの抑制にも大変効果的、また、美容や健康を害する過乾燥も防いでくれます。
天井・壁に施工された珪藻土→

 

 

■畳敷き小上がりkodawari_tatami.jpg

高さは270mm、上り降りが楽で、腰掛けても快適な高さです。床下収納を3台内蔵。キッチンからも常に視界に入るので、赤ちゃんを寝かせるにも安心です。また、リラックスタイムのうたた寝、着替えスペース、作り付けのカウンター机の椅子としても機能します。あってよかった!多目的空間です。

■ヒノキ無垢天板の机
本を読むもよし、パソコンを置くもよし、存在感豊かな無垢板自然素材の良さを雄弁に語ります。

■ヒノキ無垢板のキッチンカウンター
ヒノキ無垢板にステンレスシンクとガスレンジを取り付けたオリジナルのキッチンカウンター。木の持つ暖かさや柔らかさは何物にも代えがたい魅力です。
kodarari_4.jpg■コウヤマキの洗面台カウンター
美しい木肌となんとも言えない心地よい香り、水に強い特性を活かすため洗面カウンターとして採用。

■経済的なパーシャル床暖房
キッチン、洗面所、トイレの三箇所に床暖房を設置。冬季の朝晩には大いに活躍することでしょう。

■ウッドデッキ
くん煙スギ無垢板のウッドデッキ。居室から段差なく出られる、もう一つの居間です。

豊田元町ビレッジの設備

共通設備(各戸)

kodarari_1.jpg
1. 珪藻土塗り(壁面・天井)
2. スギ無垢板無塗装フローリング
3. ヒノキ無垢天板の机
4. コウヤマキの洗面台
5. ヒノキのキッチン流し台
6. 畳小上がり(床下収納付き)
7. 玄関収納棚・クローゼットなど
8. 部分床暖房(台所・洗面・トイレ)
9. エアコン(リビング用)
10. 大型1418ユニットバス(307号室のみ1416)
11. シャワートイレ
12. 室内洗濯機置場
13. 照明器具(一部)
14. 断熱ペアガラスサッシ
15. ケーブルテレビ
16. 南面大型木製デッキ
トランクルーム(屋外)
setubi_3.jpg

 
 
個別設備

南面窓付きユニットバス(4戸)
薪ストーブ炉台付き(3戸)
秋田スギダイニングテーブル(2戸)
掘りごたつ(2戸)
玄関土間(4戸)

*写真は302号室の薪ストーブ

屋外設備

setubi_2.jpgsetubi_4.jpg
1. セキュリティードア(2箇所)
2. 駐車場22台(屋根付き11台)
3. 駐輪場(20平方メートル)
4. 菜園(40平方メートル)
5. 雨水槽(15トン)
6. 敷地内消防車用地
7. 宅配便受取ロッカー
8. 屋外照明

セキュリティードア(右手は駐車場)→

豊田元町ビレッジの間取り

1F

madori_1.jpgmadori_.jpg

106号室リビング→

2F

madori_2.jpg

3F

madori_3.jpg
madori_4.jpg
▲3Fリビングより南を望む風景

豊田元町ビレッジへの道

現地近郊の地図

豊田ほっとかんのお隣です
美術館や文化会館など文化活動の拠点も多く、大型ショッピングセンターや生鮮品ストアも近隣にあり、利便性を兼ね備えた立地です。

motomati.jpg

hotkan.jpg
▲豊田ほっとかん
健康増進施設、コミュニティーセンター、老人ホーム、介護支援センターで構成される多目的施設。館内には100%源泉の天然温泉も。豊田元町ビレッジから徒歩1分。