朝日のぼるのひとりごと

戸建 賃貸住宅 名古屋 大針ビレッジ

昨年、名古屋市名東区に木造賃貸住宅を建てた。
「今どきなんで?」と言うのは不動産業者
「ロハスな生活をしたい人は大勢いますよ」と私

※ロハス:LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語
健康と環境の持続を志向するライフスタイル

kodate.jpg
▲戸建タイプ


●現在、戸建タイプに入居中のKさん一家は、只今 子育ての真っ最中。
安全で安心な住環境の中、元気でやわらかな気性の赤ちゃんとしてすくすくと
育っている様子。

「子育ての上で大変便利と感じるのは、奥の畳敷き4畳半」との事
本物の自然素材で囲まれた空間と床材の特性がそれを可能にしているのだろう。

Kさん宅は玄関内に土間があり、居間との間を障子で仕切ってあるため、
障子を開けると縁側状となり、近所の人とのおしゃべりコーナーとして
昔ながらの雰囲気が楽しめて喜ばれている。
特に土間には薪ストーブが置いてあるため、外の縁側とはまた違った良さが味わえる。

●隣の棟に入居したTさんは、木製大型デッキが気に入って戸建タイプに決めた。
室内の質感や間取りも大切だが、大針ビレッジの魅力は外構の良さにもある。

専用のデッキやテラスは生活に潤いを与えてくれる。
「戸外の居間」のようにお茶や食事をする場所として利用するのはもちろん
冬はひなたぼっこの場所として使えば、気持ちが和らぐ空間となる。

共用の外構のかなめは石庭のベンチ。
夏は雨水を使って水遊びをしたり、木陰で子供と過ごしたりするのも
楽しいものだ。

自然素材生活のうち、住生活がロハスな生活の主たる舞台と
なるのだろう。
うち(家)に篭らないで、うちの良さを味わうためにも
内と外をつなぐ仕掛けとしての外構を大切にしたい。

sekitei.jpg
▲石庭(ビレッジ共用庭)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

SURCH

カレンダー

2006年04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30