朝日のぼるのひとりごと

こうやまき(高野槙)?今話題の素材で造った風呂?

近頃のおめでたい話題にちなんで、中津川のこうやまき(高野槙)が有名になってきた。

9年も前に造った我が家の木の風呂の浴槽は、こうやまきを素材として使った。
中津川に建てた週末住宅の中の「いやしの空間」だ。


furo.jpg

皆さんは木の風呂というと即「桧(ひのき)風呂」と言うが、こうやまきは桧より水に強く、
9年経った今もなんの傷みもなく使えている。湯を張ると未だに良い香りがたつ。

こうやまきの風呂の実物を見たい方は、是非東郷町和合の自然素材生活館へお越しいただきたい。
モデルホームでは
こうやまきの香り・質感・手触り・ぬくもり
を体験することができる。

私のノスタルジックカー RT-20 2代目コロナ その6

バンパーとラジエータグリルをつけた正面写真です。
1964年生まれの42歳に見えますか?

バックミラー(フェンダーミラーと言って、今時のドアミラーとは違います)
やドアハンドル、車名ロゴなどの取り付けはもう間近です。

ホワイトリボンタイヤにメッキホイールカバーを付けて外装は完了、
後は室内のクリーニングを施すといよいよ車検です。
今は3年車検が取れるとのことで、まさに新車購入と同じ気分です。

9_25500.jpg


9月末頃には完成車の写真をアップできると思います。
自然素材生活館の地下車庫兼ギャラリーへの入庫は10月です。
皆さん是非見に来てください。

おもしろ手工芸品?談話室ギャラタンにて?

和合のご近所のギャラリィ喫茶「談話室ギャラタン」に行ったらこんなハワイアンホースが居た。
着想のおもしろさと造形の工夫が見ている者の気分をなごませる。
9_20_500_.jpg


来店していた女性からは「まあ、かわいい!」との声があがった。
私はだまって「高橋さん(作者)もやるなあ・・」と頬をゆるめた。

実物を見に来て、おいしいコーヒーでも如何?
私は、女主人おすすめの「気まぐれサンドイッチ」が大好きだ。
ご主人が入れてくれるコーヒーが程よく調和して「うまい!」
パンが焼いてあり、パリっとした食感がコーヒーとよく合うのだろう
もうひとつの楽しみは、ご夫婦と声をかけあえるところだ。
20?30分程とりとめもない会話をして店をあとにする。また来ようと思いつつ…

gallatanmap.jpg



ギャラリー喫茶
「談話室 ギャラタン」

愛知郡東郷町白鳥2-15-21
TEL:0561-38-4131
営業日:水・木・金・土 AM 10:00?


自然素材賃貸住宅 次期構想

木造賃貸住宅「大針ビレッジ」は住人の皆さんからは好評を得ているが、入居を希望される方からは、
「もう少し狭くてもいいが、家賃が月額2?3万安い方がいいなあ。大針は少し高い。」
という意見を多く受けた。

大針は、賃貸住宅としては最初の企画でもあったため、少々立派にしすぎた感はある。
次期ビレッジは、鉄筋コンクリート(RC)で躯体(くたい)を作り、内装を自然素材にする構想を長く持っていたので、そのことを前提として土地を探していた。
最近紹介を受けた物件を見に行ったが、写真のような景色で誠に美しく大変気に入ってしまった。


9_15_500.jpg

私のクラッシックカー RT-20 2代目コロナ その5

いまどき白いハンドル(ステアリング)なんて、正にレトロな印象を強めるアイテムだ。

500car3.jpg

しかも当時の米国車(アメ車と言ったかどうかは覚えていないが)が派手な内・外装だった流れを受けて国産車も塗装や光り物を付ける傾向があり、この車も白ハンドルでしかも朝顔型(ステアリングホイールが手前に出ている)になっている。
シンプルな計器盤、コラムシフトのチェンジレバーなど、外装よりも内装の方が当時の雰囲気を強くかもしだしている。

フロントグリルを仮付けした。なかななシンプルでよいマスクだと思う。

500car1.jpg

この写真では光り物(メッキ類)がはずされている。下には鉄製のバンパーがつく。

私の中でのレトロカーの定義は、
ひとつめ 鉄バンパー
ふたつめ 三角窓
みっつめ 1970年以前製
よっつめ フェンダーミラー
  
の4点である。

500car2.jpg

日除け オーニングとよしず

自然素材生活館では、この暑さを少しでもやわらげる道具を色々と試している。

1番目。前にも紹介したが、植物で日除けをしている。
2番目がオーニングだ。風の少ない夏は安全だから安心して使えて良い。

500oning.jpg
▲オーニング

3番目がよしずを掛けた通路。いかがですか?
オーニングは洋風に見えるが、よしずはやや和風だな。

500yosizu.jpg
▲よしず

今年4番目の手当ては、本棟階段室の大型FIX窓に、しゃ熱フィルムを貼ったことだ。
比較的効果が大きく出る製品を選んだので、少々暗くなってしまったが、効果はまずまず満足。
良くない点は、夜になるとフィルムが室光に反射して窓が鏡状態になってしまうことだった。
これは貼ってみないとわからない。
「化学物質を使用しているな」という感じが強く出てしまい、効果はともかく自然素材生活館にはふさわしくないかなあ・・と思っている。

SURCH

カレンダー

2006年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30