朝日のぼるのひとりごと

夏は白い屋根に限る

大針ビレッジに初夏がやってきた。庭の樹木も緑の葉をつけてきた。
さわやかな風の中、アンティックブルーの外壁色と白い(パールホワイト)瓦が美しいコントラストをかもしだしており、いかにも涼やかな感じがする。

070528_500.jpg

私が乗っている自然素材生活社の社用車「フォルクスワーゲンTYPE2 クルーキャブ」もツートーンペイントだ。

以前もご紹介したが、空調が無い車なので車内にしゃ熱塗料を塗った。
前窓を開けることができる構造(サファリウインドウという)なので、少々暑くても走行中は快適だ。
止めておくときは、この白い屋根が効果を発揮してくれると良いがと願っている。

トヨペットコロナ RT-20 ?トヨタ博物館 クラッシックカーフェスティバルに参加!?

RT-20の製造元であるトヨタ自動車の運営する「トヨタ博物館」(長久手)が毎年開いているクラッシックカーフェスティバルに参加することになった。

以前、青少年公園で最後に開催された時(その後万博があったため、場所が豊田市に移ってしまった)にトヨペットコロナマークII で一度参加したことがあるので、今回で2回目だ。

モリコロパーク駐車場を起点にトヨタ博物館まで約15分の公道パレードがあり、博物館駐車場で展示を行うようだ。

「自宅?モリコロパーク?トヨタ博物館?自宅」の一日を問題なく走行してくれるか心配もあるが、万全の整備をしてくれた人の「だいじょうぶ」の声を信じて5月27日の朝を待っている。

是非、当日博物館へ足を運んでなつかしい車たちを見て欲しい。
30年以上たった車約90台が勢ぞろいしており、私もコロナと一緒にみなさんをお待ちしている。

http://www.toyota.co.jp/Museum/data/b01_01.html

070521_500.jpg

大針ビレッジに巣箱をかけた

先週、自然素材賃貸住宅 大針ビレッジの庭木に巣箱をかけに行った。
どの木が良いかいろいろ迷ったが、写真のようにあいなった。

070514_300.jpg

いつ小鳥が居ついてくれるかはわからない。
早く来てくれるとうれしいが…

もうひとつ、水飲み場を作ってやらねばと思ったが、適当な入れものが見つからないので次の機会にすることにした。

石臼なんか良いが、とても手に入らないので家から欠け茶碗でも持ってこよう。

和合の自然素材生活館の庭にも巣箱を2つつけたので是非見に来ていただきたい。

天井扇の効能 ?その2?

夏の和合ではスタンダードモードで天井扇を回している。
070507_300.jpg
天井から床に向けて風を吹かせるモードだ。
2台の小型空調機は、室温28℃?29℃に設定して風の噴き出し口を天井に向けている。

もっとも天井扇はあまり低い位置に取り付けては感じが良くないので、最低でも扇下は250cmは必要だろう。
300cm以上あれば理想的だ。

オーガニックカフェ「茶楽」内には3台の天井扇をつけており、「強風」で運転するとやわらかい涼しさを得ることができる。

気温があまり高くない日は当然空調は止めており、天井扇のスタンダードモードの「中」か「強」で快適さを調整している。

来客は一様に気持ち良いと言ってくれる。

このように和合の天井扇は四季を通じて活躍してくれている。

SURCH

カレンダー

2007年05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31