朝日のぼるのひとりごと

自然素材生活館 茶楽の宝BOX支店

スギ板パーテーションや棚が、宝BOXの無機質空間を少々やわらげている事は前回お知らせしたとおりだ。

今回は、来客に出すお茶を紙コップのインスタントコーヒーから和合の喫茶室「茶楽」で出しているオーガニックコーヒー“和合ブレンド”にしようと準備した。

100426_400.jpg

ご覧のような各種小道具を和合から運んで、コーヒー豆もそのまま流用した。

まさに「茶楽 知立出張店」のような形相になってきた。

来客の目の前でミルを回して豆を挽き、ドリップしてコーヒーをたてる。

100426_375.jpg

手はうごかしつつ会話はとぎらせない。
なんのかんのと話続ける。

無機質空間にコーヒーの香りが漂い、なかなかの雰囲気とあいなった。

なんとなく目的に近い様子になって大満足な雨の火曜日だった。 

5月3日はお休みします

木製間仕切りの再利用 その2

知立宝BOXの内部は、安普請のせいもあり、誠にもって簡素かつ味気ない空間になってしまっている。

おまけにコンピュータハードやソフトを取り扱うシステム業ときては、それに輪がかかってくる。

しかし伏見で6年間使い古したスギ材パーテーションをご覧のようにあしらったらなんともやわらかで味のある空間へと変身した。
写真でその雰囲気の一端が伝わるだろうか。

100419_300_1.jpg

社内の「日曜大工」を動員し材料のみを調達して加工・組み付けを行って新しく追加で造った「棚」は
どうだろう。

100419_300_2.jpg

建物の寸法に合わせて収まりよく造りつけてある。
上下段の位置もA4だの冊子サイズだのときっちり収まるよう設計してあり、雑然としていた社内が日を追って整理・整頓されてきた。

この方式は、やがて住宅にも展開できるなあと思いめぐらせながら眺めている。

100419_400.jpg

大好評の新築祝い  ?宝BOX?

過日、知人のSさんが知立宝BOXの新築祝いを届けるとのことで夫婦おそろいでやってきた。

100412_400_1.jpg
▲宝BOX

大きい箱と小さい箱がテーブルに乗った。
きっと鉢植えか時計あたりだろうと思っていたので「何だと思う?」と言われてもさっぱりわからないでいた。

「開けてみたら?」ということで大きい方をおそるおそる開けてびっくり。
まさににここ「宝BOX」の模型がでてきた。

100412_500.jpg

生クリームの白い外壁にチョコレートで作ったシンボルカラーのエンジの梁、窓などもあしらってあるケーキだ。
おまけに屋上には会社のロゴと社名まで読めるではないか。
つい声をあげてしまった程意外な内容であった。

さらに小箱からは写真のごときBOXが出現した。
これもチョコレートケーキだ。

100412_400_2.jpg

社員にもみせびらかして楽しんだ後お茶にして、残念な気持ちがあったがナイフを入れた。
こんなにインパクトのある新築祝いは初めてだと語り合いながらケーキをほおばった。
至福のコーヒーブレイクになった。

花見の角度 ?新城「桜淵公園」?

先回2月に続いてまた湯谷温泉行きとなった。
帰途新城にあるその名も「桜淵公園」へと繰り出した。

100405_500_1.jpg

ご覧のごとき風景が広がっており、一級河川「豊川」の中流域のここがまさに“桜淵”と呼ばれるわけが良くわかった。

エメラルドグリーンの水面がはるか谷底に広がり、春の陽光にキラキラと光っているのを背景に七分咲きと思える桜花が枝を広げている。
この鳥瞰こそこの公園ならではのものだろう。

100405_500_2.jpg

こちら岸から向こう岸へと渡された結構長い吊り橋も一層魅力を強めている。
さらに「花よりダンゴ」路(人寄せの露天屋台)もあり、平日にもかかわらず結構な人出となっていた。

SURCH

カレンダー

2010年04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30