朝日のぼるのひとりごと

宝BOXに薪ストーブが来た  その2

先週木曜日に煙突取り付け作業をした。
だいたい想定範囲内の時間で一旦終了し、翌週までに部分修正をした。

火曜日に宝BOX用薪1500kgが岡崎から到着した。
程良く乾燥したナラ材だ。

101129_500_1.jpg

木くずがいっぱいついていて閉口したが写真のように積んだ。


屋上には2重煙突が1.7M程立ち上がっている。
陸屋根への設置は「元町ビレッジ」で実験済みだ。

101129_500_2.jpg

和合や大針などの切妻屋根でしかも6寸の急こう配と違って、
取り付けもやがてのメンテナンスもすこぶる安全で快適にできるところが良い。


1階に据え付けたダッチウエスト機は、空気の引きが良いせいか
試し焚きから順調に燃えてくれる。
右側は屋外の薪置場から薪を運ぶ為と置場がわりにもなる
キャスター付薪台車を手作りしたものだ。

101129_500_3.jpg

さて、その1でお約束した「宝BOXでの効能」の報告は当然来年になる。

宝BOXに薪ストーブが来た  その1

知立にある小型建物(3階建)に薪ストーブを運び込んだ。
1階に1台、2階に1台だが煙突は1本しか通していない。
3階部分は当分煙突のみ貫通している状態になる。

101122_375_1.jpg
▲2階の薪ストーブ

101122_375_2.jpg
▲1階の薪ストーブ

1階から屋上の2重煙突を経てTOPグリル迄約11M以上となった。
当然引きは良いはずだ。

101122_375_3.jpg
▲3階は煙突だけ

宝BOXは外壁全面と屋上面にしゃ熱塗料を塗っていることは前にご紹介したが、
実は室内壁面にも同様のしゃ熱塗料が塗ってある。
なぜか・・
これは冬場に室内で発生する熱の60%程度を室内側に
反射するというメーカーのふれこみを信じてしまった為だ。

私の好きな木造住宅では出来づらい方法だったので
この事務所ビルでの実証とあいなった次第だ。

先週は社内で煙突設置を行った。 
まだ少々不足部分もあるので今週中に補足して週末には最初の火入れとなる。
事の顛末はまたご報告するのでお楽しみに。

古い街にはサビもある

散歩路はたいていの場合、山畔や水辺を歩く。
空気が良さそうで気持ちがやすらぐ。

たまに街を歩くこともあるが、そんなときは路地を歩くのが好きだ。
特に車が入り込めない(人かせいぜい自転車、いやひと昔前ならリヤカーが通った)路だ。

101115_500_1.jpg

写真のようなトタンは赤茶色にサビてほったらかしになっているが、
なんとなく気を引くことも確かだ。

本当に自分が好きな情景は、自然そのものの山河よりも人の手が入っている
里山風景や古い建物だ。
きちんと手入れされて今も立派に住んでいる様子を見ることが好きだ。

101115_500_2.jpg

家で使う道具類も同じ事が言える。
車なんかも年代物だがへこみなく美しく保たれている方が、
ピカピカの新車より魅力的に感じてしまう。

戦前の時計なんかが今もって愛用されるような家庭が理想だが、
残念なことに我が家にはほとんどなにもない。

みなさん良いものを大切に永く使いましょう。

好天の下 クラシックカーミーティング2010

今年は例年と比べて旧車イベント日和の好天となってくれた。

自宅に乗って帰った例の鉄の塊
−実はプリンス スカイライン−
を引っ張りだして会場へと向かった。

1107500-4.jpg

外観はご覧のようにすこぶる美しい。
見た目から想像すれば、昔の車とはいえ「静かにすべるように走行する」ように思えるが・・・
実はとんでもない力作業とおおいに忙しいハンドリングが待っていた。

約1300kgの車体に1484cc 70HPのエンジンが乗っている。
前進4段でコラムシフトだ。

アクセルもクラッチもチェンジレバーもハンドルも全てが
重い。ギィーとかガーとか音がでる。
ハンドルを回すとキィキィといやな音がする。
馬力が小さいので頻繁にシフトチェンジしなければならない。


1107500-1.jpg

自宅から会場まで約30分かかってようやく到着した。
なんせ1961年式だから今年で49年経つ。もうすぐ50歳だ。半世紀ということになる。
毎年いろんな方から声がかかるが、今回は現代の車にはないメッキ部品が
光り輝くところに対しての声が大変多かった。

もうひとつフォレストグリーンの車体色とイエロークリーム系の屋根及びベルトライン色との
コンビネーション2トーンペインティングの美しさも指摘してくださった。


1107500-3.jpg

あたたかい晩秋の一日、大勢の方々との話に花を咲かせ、
来年もお会いしましょうとあいさつしながら会場を後にした。


ナゴヤクラシックカーミーティング 2010 トヨタスタジアム

来週11月7日(日)にトヨタスタジアムで行われる旧車の集いに参加することになった。
この集会の特色は街の小さな旧車屋さんが正に手作りのイベントを開くところにある。

101101_500_1.jpg
▲2008年の様子

毎年5月に開かれる巨大企業バックアップのトヨタ博物館クラシックカーフェスティバルとは
相当印象が異なるものとなっている。

アットホームでやや雑然としているが、屋台や出展者のワイルドな感じは捨てたものではない。
何か村のお祭り的気分が満喫できるし、子ども連れが多いのもうなずける。
おまけに犬までお出ましになる。

101101_500_2.jpg

この上は天気にめぐまれれば今年も気分がいい一日になること受け合いだ。
あなたも是非トヨタスタジアムへお越しください現地でお会いしましょう。

http://nccmeeting.jimdo.com/

101101_500_3.jpg
▲2008年の様子

SURCH

カレンダー

2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30