朝日のぼるのひとりごと

最近入手したモバイルユニット

最近、小型携帯ラジオを買った。

1.jpg

以前に手廻し発電機能付ラジオをご紹介し、反応を頂いた。
これは自宅常備品となっている。

外出先へも持ち出して使える超小型機を見つけて早速購入した。
使用目的は散歩中にある。
歩いていると色々なアイデアが湧いてくるが、すぐ忘れてしまう。
そこでICレコーダーとしての音声メモ機能を使おうとするものだが
他にも色々ついている。
ひとつがAMラジオ、FMラジオと2波に対応しており、
散歩中の楽しみを増加させるのに役立っている。
AMはプロ野球中継が主なものだが、
予約録音機能を使えば好きな番組のタイムシフトが可能になっている。
FMは音楽中心でイヤホンでのステレオ受信で、充分な音質を提供してくれる。

次回は今頃気付いた電池対策について語ろうと思う。

瀬戸の焼竹の子

昨年、味をしめた焼竹の子を今年もと思い、中津川落合に出かけた。
“瀬戸”と云う集落の細道を走っていくと竹林地帯にさしかかる。
きちんと手入れされた竹林は見通しも良く、美しい風景だ。
木曽川畔の竹林は川霧につつまれて、やわらかで良質な竹の子を育むそうだ。
相当早いタイミングか、今年は気温の低い日が多いせいか、
竹林の中は平面のままだった。
昨年と同じ店へ上がって、竹の子づくしのコースを頼んだ。

色々乗っている
3.jpg

メインのこれが焼竹の子。
山菜を刻み込んだ味噌を付けてかじる。
1.jpg

30分程かけて炊いた味ご飯。
2.jpg

白のキャンパスに咲いた花

3月下旬に可憐な薄紫色の花をつけはじめた。
宝BOX駐車場の樹木は先日、満開を迎えた。

1.jpg

私はずっとこれを“はなみずき”だと思っていたが、朝日のぼるさんは違うという。
彼が言うには、違いは次の様な事だ。

1 今年は寒いのに3月下旬に花を付けている。
  はなみずきの例年4月中旬からすると早すぎる。
2 形状が異なっている。
3 葉が出ないで花が開いている。
4 樹の幹の色が白い。

2.jpg

たしかに、周囲の桜より先に満開を迎えいたし、花弁や葉の形状も違う。
“はなみずき”とよく混同される“やまぼうし”かと思ったが、
それはもっと開花時期がおそいようだ。
調べれば調べるほど、はなみずきとは遠いようで、
悔しい事に、朝日さんの言ったことに反論は何一つない。

結局、後からこの花が“しでこぶし”だと教えてくれた。
来年の春もこの美しい花を付けてくれることを楽しみにしている。

薪ストーブや暖炉の町

日進市とは名ばかりの田舎に住んで40年近くになった。
雑木林に道路を付けて分譲した団地で、手つかずの林が残る基になった。
今からみるとやたら区画が広く、地形に手を加えず造成した団地なのだ。
私が入殖した当時は2軒目だった。
その後、建築協定を結び、分筆の禁止や建ぺい率の変更なども加わり、
現在の町の中の田舎が実現している。
当地に住もうなどと考える人は自然派(田舎派)が多いせいか
暖炉や薪ストーブを付けている家が相当にある。
平地にある分譲団地での装備率はだんとつの高さだと思う。
我が家もその中の一軒だ。
2.jpg3.jpg

4.jpg5.jpg


SURCH

カレンダー

2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30