朝日のぼるのひとりごと

和合の里 春の行事

和合の自然素材生活館からいつもの散歩コースに出たらば、
何やら煙っているではないか。

また誰かがゴミを不法に燃やしているのかと思ったが、どうも規模が大きい。

近寄ってみたらば、毎年の春の行事“野焼”の煙だった。

2.jpg

1.jpg

近所の農家の人たちが多勢出て、軽トラが走り廻っている。
荷台にはドラム缶を積んでいる。
中はむろん水が満たしてある。
人はバーナーを持ったり、聖火ランナーもどきに先端に火のついた棒などを持って枯れ草に火を付けて廻っている。
大きな炎が立ち昇っているので心配になったが、
軽自動車の向こうにはちゃんと小型消防車も配備されていた。
やがてこの灰の中から“ツクシ”が顔を出すのだろう。

続”てんとう虫”

最近よく行く瑞穂区内を散歩していたらば、

先日の知立に引き続き、”てんとう虫”スバル360に出くわした。

1.jpg

2.jpg

こちらはプレーンなホワイト色で古さの程度が滲みでており、

レトロな感じが好ましく、しばし見とれてから岐路についた。

SURCH

カレンダー

2014年02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28